overpaid

完済後10年経つと、時効により過払い金は消滅してしまいます!

過払い金返還請求とは?

過払い金とは、貸金業者に支払い過ぎたお金のことです。
過払い金が発生するのは、貸金業者が利息制限法の上限金利(15%~20%)をはるかに超える出資法の上限金利で貸付を行ってきたからです。
利息制限法では、金利を借入額10万円未満では20%、10万円以上100万円未満では18%、100万円以上では15%に制限しており、これを超える金利で借り入れをしている人は利息を払いすぎています。
通常貸金業者は、出資法による利率で貸し出しを行ってきましたので、違法に高金利を取ってきました。「過払い金」とは、これまで支払ってきた利息制限法の金利と出資法の金利間に発生している「グレーゾーン金利」なのです。
★平成22年6月18日より改正貸金業法が完全施行され、現在は20%以下の金利で貸し出しが行われていますが、過去に高い金利で支払い過ぎたことによる過払い金が消滅することはありません。(完済後10年で時効となります)
このように、借入があった方は、不当利得として過払い金の返還を請求することができます。
長年高い金利で利息を支払い続けてきた方や、高い金利で借入をして完済した方は、貸金業者に対して過払い請求をすることができます。

まずはお気軽にご相談下さい。

グレーゾーン金利って何?

過払い金が発生するグレーゾーン金利とは?

グレーゾーン

一見「グレーゾーン」と聞くと違法すれすれの怪しい感じがしますよねw。グレーゾーン金利と聞くとさらにそのイメージが強い、という方も多いことでしょう。しかし、グレーゾーン金利=悪いこと、という認識はあるのに具体的にどういう金利のことをそう呼ぶのかは分からない、という人が多いのではと思います。ご相談に来られる方でも、過払い金とグレーゾーンって言葉か聞いたけど、なに?ってかんじですから・・・
そこで、グレーゾーン金利について分かりやすく説明できたらと思います。

グレーゾーン金利とは、上の図でもわかると思いますが、利息制限法以上、出資法未満の金利のことを指します。この2つの法律を避けてはグレーゾーン金利の説明はできないのです。
2010年6月以前、日本ではお金を貸す時には守らなければならない法律が3つもありました。
利息制限法、出資法、貸金業法です。
利息制限法では10万円以上、100万円未満の金利は18%と定めています。それに対し出資法では29.2%もの金利を上限に定めていたのです。本来であれば消費者金融各社は「利息制限法」に定められた年率18%を守って貸し出さなければなりません。しかし、貸金業法によると、出資法に違反しない範囲で、みなし弁済とかの様々な条件を満たし、なおかつ、お金を借りた人が利息を任意に支払ったものであれば、受け取ってかまわないとしていたのです。
簡単に言うと、「本当は金利18%までなんだけど、条件を満たせば29.2%までいいよ~。借りている人が勝手に返してくれるんだからいいんだよね!」と言うことです。
消費者金融や信販会社は、貸し倒れリスクや経営面から考えても、沢山の金利を受け取った方が良いに決まっていますよね。
だから利息制限法の18%ではなく、出資法の29.2%を金利に設定していたのです。

グレーゾーン金利の問題点

借りる側も貸す側も、金利に納得した上での貸借だから、問題ないじゃない!?と思われがちですが、実際には金利が高すぎるため返済しても返済しても元金が減らず、いつまでたっても完済できない、という人が年々増えてしまいました。毎月の返済、支払いに追われ、生活が苦しくなる、だから新たにキャッシングしてしまう、という自転車操業に陥り、多重債務者となってしまい、最終的には自己破産を余儀なくされる、という方が多く社会問題となってしまったのです。その原因は高すぎる金利。利息制限法を順守している業者であれば18%という返済しやすい低金利なので(個人的には、それでも高いと感じていますが)問題ありませんが。出資法を上限としていた業者の場合は29.2%です。グレーゾーン金利は一度キャッシングすると抜け出せなくなるというキャッシング地獄の大きな原因だったのです。

グレーゾーン金利の現状と解決策

さて、今もグレーゾーン金利は存在しているのか?というと、銀行系や消費者金融系、信販系のキャッシングについてはグレーゾーン金利は完全撤廃されました。2010年6月に利息制限法及び出資法が改正され、それぞれの上限利息が同率に変更されたのです。現在の利息制限法の金利は以下の通りです。(上図参照)

  • 貸し出し額が10万円未満の場合は、年利20%までOK
  • 貸し出し額が10万円以上100万円未満の場合は、年利18%までOK
  • 貸し出し額が100万円以上の場合は、年利15%までOK

そして、出資法の上限金利は年利20%以下に変更されたのです。これにより、グレーゾーン金利はなくなりました。さて、グレーゾーン金利がなくなったからと言って、すべてよしよしと言う訳ではありません!

ちょっと忘れていませんか?
これまでグレーゾーン金利という高い利息でお金を借りて、ず~っと返済をしてきた方がです。
グレーゾーン金利という高い金利は、手続きを踏めば返還してもらうことができます。
これがいわゆる「過払い金請求」なのです。
消費者金融や信販会社は利用者の請求があれば、利息制限法の上限金利で計算し直して、取りすぎていた利息を返還しなければならないのです。
手続きは個人でも行うことはできますが、私どもにご相談ください。
ちなみに過払い金請求の時効は「完済から10年」です。
2010年6月以前にこの「グレーゾーン金利」でお金を借りていたことがある、と言う人は急いで調べてみましょう!ご相談料、初期費用は一切かかりません。

グレーゾーン金利=過払い金返還請求

グレーゾーン金利って、結局は過払い金返還請求に結びつくって事はご理解頂けましたよね?単純な話し、昔はキャッシングに係わる法律に穴があったために、多くの貸金業者がより高い金利の法律を適用して、お金を貸していた、と言うことです。
今ではその2つの法律の金利は足並みをそろえたので、グレーゾーン金利は存在しません。
もし、2010年6月以前にお金を借りていたのであれば、グレーゾーン金利を支払っていた可能性がありますので、すぐにご相談ください。そして、過払い金が発生していれば、請求を行い、支払いすぎた利息をきちんと返して貰いましょう!

完済後の過払い金請求は、初期費用0円 成功報酬20%訴訟の場合25%(税別) ※過払い金が戻らなかった場合は、報酬等は一切頂いておりません!

完済後の過払い金請求を行っても、金融庁の指導により信用情報に登録されなくなりました!心配される「ブラック登録」にはなりません!

クレジットカードのキャッシングでも、過払い金が発生している可能性があります。気になる方は、無料にて調査を行いますので、お問い合わせよりご連絡ください。

このような方は是非ご相談下さい!

□完済した時期が不明です!

□支払いが終わったので、カードや明細書が一切残っていない!

□過払い金があるのかどうか、知りたい!

□過払い金の請求をすると、何かデメリットがあるのか怖いです。

□完済後10年経過しているかも?

□家族や身内、会社に内緒で解決したい!

調査費用は無料です。まずはお気軽にご相談ください。

※当事務所で受任実績のある、業者一覧です。ご参考にどうぞ。
□イオンクレジット □エポスカード □ゼロファースト □丸井 □三菱UFJニコス(日本信販・マイベスト)
□セディナ(OMC・セントラルファイナンス・クォーク)□クレディセゾン(UCカード)□アプラス
□ニッセン(マジカルクラブ)□オリコ □KCカード(国内信販・楽天KC) □ベルーナ □UCS
□プロミス(三洋信販・ポケットバンク)□アイフル(ライフ) □アコム □シンキ(ノーローン)
□新生フィナンシャル(レイク・コーエークレジット)□CFJ(ディック・アイク・ユニマットレディース)
□新生カード(GEカード・GCカード・GEコンシューマーファイナンス)
※ご注意!契約内容や返済方法などにより、すべての業者が該当するとはかぎりません。

認定司法書士の取扱い金額は、依頼者に受ける経済的利益が1社あたり140万円以内に限られます。


このページのトップへ