カードローン債務の増加

こんにちは、司法書士しおり綜合法務事務所です。

さて今回は、当事務所でも一番取扱いの多い、債務問題についてです。

改正貸金業法が成立し、総量規制なる物が導入され、新規の貸付が年収の3分の1までに抑制される事になりました。しかしながら、対象となるのはあくまでの消費者金融やそれらに係わるキャッシングが当たります。

銀行関係のカードローンは、その対象ではなく、新規の貸付件数は右肩上がりだそうです。

20代の方で、4社より借り入れがあり、債務残高は280万円も!なんてご相談もあります。一昔前のサラ金と言う怖いイメージも無く、ネットやスマホで簡単に申し込める。誰とも合わず、いつの間にか通帳にお金が振り込まれている!う~ん、、、借金する事全てが悪いとは申しませんが、やはり身の丈に合った利用方法は無かったのでしょうか?いくら借入している利息が安いとは言っても、利息制限法の年18%(概ね)まではOKな法律です。債務を整理するにしても、当然過払い金が発生する事もなく、そのまま債務が残ってしまいます。

当事務所では、このようなご相談でもご依頼者の意向にそって、無理の無い返済計画や解決方法をご提案、サポートしております。

いつのまにか増えてしまったカードローンからの借り入れ!利息が安いから、銀行系だから安心!と言っても借金は借金!返済が遅れてしまった、督促が来ている、誰にも言えずに悩んでいる!さまざな状況があると思われますが、勇気をもって新しい一歩を踏み出してください。

ご相談は全て無料です。お電話・メールにていつでもご相談くださいね。

あなたの人生と言う物語の、1ページに「しおり」をはさんでください・・・



このページのトップへ