たった1社でも債務整理は可能です!

二極化している借り入れ事情??

多重債務の定義を考えてみよう!

こんにちは、司法書士しおり綜合法務事務所です。先日のブログでも多重債務の定義を考えてみようと、書きましたが、最近のご相談は二極化しているみたいですので、そこらあたりもちょっと書きたいと思います。先日のブログでは、多重債務=借金?と言う内容でしたが、今日は、1~2社の借り入れでも返済が厳しい、その場合、任意整理した方が得なのかどうなのかを説明できればと思います。ちなみに多重債務の定義は次の通りです。

複数の消費者金融信販会社などから借り入れること。特に、すでにある借金の返済のために別の業者からさらに借り入れ、借金が増え続ける状態のこと。経済不況による生活苦、無計画なカードローンの利用、違法業者からの借り入れなど、さまざまな要因がある。goo辞書より転用

二極化とは?

端的に、経済のグローバル化やIT技術の向上により、所得が高い人はより高く、所得が低く、派遣労働者であったりすれば、所得の向上が見込めない現在。昨日のヤフー記事でも公務員のワーキングプアが載っていました。このように収入が安定いておられる方と、低所得から抜けられない方との、二極化がより鮮明になっているのではと考えてしまいます。

借り入れをされてご相談に来る方を見ていても、それと同じ傾向が見られます。

ここ最近の傾向をみておりますと、1~2社で借り入れ総額120~150万円があり、毎月の支払いが厳しい。とお受けします。その方の経済的事情は少し置いておいて、150万円以内で任意整理を行った場合、得なのか損なのかと言う観点かから考えてみたいと思います。

現状はこのような感じです。

借り入れ残高(合計)    1,500,000円
毎月の返済金額(合計)       40,000円
内支払い利息(年率15%)       18,450(30日サイクルにて計算)

毎月4万円支払いをしても、約半分が利息になります。このまま支払いをしても約4年以上返済し(途中借り入れ一切なしの場合)利息は50万円以上支払う事になり、元利合計200万円超えになります。

任意整理を行った場合

借り入れ残高(合計)    1,500,000円
毎月の返済金額(合計)       約30,000円
将来的な利息をカットして貰うように交渉       0(将来利息が付く場合もあります)

毎月約3万円の支払いをして、約4年で完済になります。つまり交渉によって、将来利息をカットできれば、50万円分支払わなくて済むことになります。

任意整理はブラックになります!

過去ログでも書いておりますが、債務を整理すると信用情報登録機関に異動情報として(ブラック)登録されます。つまり、カードでの借り入れやローンは組めなくなります。そのことをご理解した上で、債務整理することをお勧めします。

結論から言えば、任意整理することにメリットはあります!

1~2社でも支払いが厳しい、所得が下がってしまい現状では無理、このような場合は将来的な利息を考えても債務整理する方が、生活に見通しがついてやり直しも早くできます。現在の生活状況を考えて、このまままで良いのかと思われる方は、一度、ご相談下さい。

それでも、このような方は大至急ご相談ご相談ください!

今現在、支払いが遅れていて、督促請求をストップしたい。

毎月の支払いが負担負担で、とにかく軽くしたい。

もう解決方法がわからないので、話だけでも聞いてみたい。

住宅ローンがあり、他にも多額の借り入れで返済にお困りの方もお気軽にどうぞ。

債務整理・任意整理・過払い金返還請求・個人再生・自己破産などの借金問題全般は、女性司法書士が運営しております、司法書士しおり綜合法務事務所。電話番号をタップしてください(スマホの方限定) 0120-17-30-77 までお気軽にご相談下さい。

メール相談は24時間受付中です!

当事務所は、JR上野駅入谷出口より徒歩5分。銀座線稲荷町駅徒歩2分。です。



このページのトップへ