0120-17-30-77

営業時間:10時 ~ 17時

ブログ

多額な借金が解決できます!

インターネットやCMなどで、毎度おなじみの過払い金と言う言葉。

払い過ぎた利息を取り戻す!

現金が戻ってくる!

あなたのクレジットカードからお金が戻ります!

など、沢山のCMのおかげでこの「過払い金請求」と言う言葉は、日本中で知らない方がほとんどいらっしゃらないのではないかと、考えてしまいます。

一時の、過払い金請求ブームは過ぎたとはいえ、まだまだ過払い金はあるのでしょうか?

それはさておき、このように借金問題の言葉の中でも、「過払い金請求」や「自己破産」「債務整理」などは概ね知られている言葉です。

 

しかし、多額な借金が大幅に減額できる「個人再生と言う言葉と、手続きって実はあまり浸透していないのです。

 

「借金をゼロにしてもらえる自己破産」、「利息をカットして貰い毎月分割で返済する任意整理」、「お金が戻ってくる過払い金請求」と、実際はこの3つの言葉位が、ご相談者の中から聞かれます。

 

例えば、あなたが現在、総額で700万円の借入があったとします。

この金額を解決する方法を考えてみましょう。

 

あなたの現状

借入総額 700万円

借入件数は、10社で毎月の返済金額は15万円ほど

借入先は、主に銀行やクレジットでのキャッシングで、金利も高くない

借入年数は、7年前からで、過払い金は発生しない

住宅ローンあり 住宅は残したい

車あり ローンはなし 中古で8年落ち

 

これを任意整理で解決しようとした場合、

単純計算で700万円÷60回=117000円の支払いとなり、利息はカットされますが、現状の15万円からそれほど下がりません。

 

住宅は守りたいので、自己破産をする事は避けたいと思います。

 

では、もっと借金の金額を圧縮して毎月の返済金額を大幅に下げられる方法はないのでしょうか?

 

そのような方にお勧めなのが、個人再生と言う方法です。

 

今回は、個人再生の概略から説明しようと思います。(一般論)

 

この法律は、現在の借り入れ金額を5分の1まで圧縮します。

700万円であれば、140万円まで下がります。

まずこの140万円の金額を、一つの目安とします。

 

次に、あなたの財産を調査します。(参考)

住宅ローンの残債と査定金額の差異※住宅は売却しない

車の査定※ローンが無ければ残せます

生命保険の返戻金や預貯金の額

退職金がある場合はその金額

概ねこのような金額計算を清算価値と呼びますが、これらを合計して

140万円とあなたの清算価値と高い金額が、最終的に返済する金額です。

例えば、あなたの清算価値が150万円だとします。

 

結果、700万円の借金は、150万円を36回で弁済すれば、残りの借金は免除されます。

住宅や車なども残せます。

 

現状、毎月15万円ほど支払っているものが、毎月約4.2万円の支払いにさげる事が出来ます。また36回(3年)で弁済すれば、残りは免除されます。

 

多額の債務がある方には、とてもありがたみがある法的手続きなのですが、個人再生と言う言葉のフレーズが良くないのでしょうか?

割と浸透していないのが現状です。

多額な借金解決=自己破産=家が無くなる

概ね、このような図式での認識だと思います。

 

実際にお手続きには、多岐にわたる書類や時間が要する為に、ご依頼者の方に協力して頂くことは多いです。

私どもの事務所でも、個人再生に特化して借金問題解決を推奨しておりますが、集めて頂く書類や家計簿の提出などで、挫折される方がいるのも事実です。

 

しかし、多額の借金を簡単に解決できる方法などはないのです。

 

生活の再建や将来的な見通しを考えた場合、この手続きで解決できればベターだと思っています。

 

また、返済不能であれば自己破産もありますが、債務の増加原因が、浪費やギャンブル、最近多い投資、このような場合には、免責不許可とない破産が出来ない場合があります。

個人再生では、借り入れに事由に制限はありません。

また自己破産のような、職業制限もありませんので、お気軽にご相談下さい。

 

債務の解決には、JR上野駅徒歩7分 東京都台東区にあり、女性司法書士が運営しております、司法書士しおり綜合法務事務所までお気軽にご相談下さい。

 

ご相談は、無料です。費用の分割支払いもお受けしております。

ご相談は、平日10時~16時 完全予約制でお願いしております。

まずは、お電話 03-5816-6053

-ブログ

© 2020 しおり綜合法務事務所