0120-17-30-77

営業時間:10時 ~ 17時

ブログ

〇任意整理についてよくあるご質問

ご相談を頂いている名かで、特に多いのが5つの質問です。今回は、この5つの質問について少し解説をしたいと思います。

①    任意整理をすると、毎月の支払いはかならず安くなりますか?

②    入金代行をしてもらい、長期で分割支払いしてほしい!

③    絶対に家族に内緒で解決できるのですか?

④    任意整理をするとブラックになると聞きましたが、何年で消えますか?

⑤    5枚あるカードの内、3枚だけ整理できますか?

①    についてですが、安くなる場合もあれば、安くならない場合もあります。参考までですが、現在、4社で160万円の借入があるとします。毎月の支払いは、4万2000円ほどです。これを任意整理すると、48回の分割和解でできれば、約毎月3万3000円ほどにはなります、しかし取引に期間が短い、借りですぐ、なんて場合は48回の分割はほとんど出来ません。36回分割ですと、約4万4000円となり、現状よりも支払い金額は上がってしまうのです。しかしここで考えて頂きたいのは、現在の毎月の支払いは、元金と利息を合わせて支払っています。任意整理はなるべく所来的な利息をカットしてもらい、元金のみを分割で支払っていくのです。ですから完済までに目処がつきますし、なによりも生活の再建が基本的な考え方ですので、どのような目的で任意整理を行いたいのか、考える必要があります。

②    についてですが、当事務所では入金代行を行っておりません。受任から和解までが当事務所の業務になり、和解後は、依頼者の方がそれぞれの債権者へ和解をした金額を直接支払って頂きます。参考までですが、ある事務所が、4社の借入を60回の分割支払いで入金代行をしたとします。1社につき振り込み手数料として1000円徴収します。振込み手数料だけで、60回×1000円×4社となるので、24万円の振込み手数料が発生します。またその事務所への振込みも、432円(概ね)×60回で、25,920円発生します。合計で26万5920円となります。これを自分で管理すれば、432円(概ね)×60回×4社で10万3680円となり、振込み手数料の差額だけでも、16万2240円となります。その金額を返済にあてたほうが、徳なのはわかりますよね?当事務所では、ご依頼者様の利益優先で考えておりますので、なるべく負担の無い方法をとっています。また振込む銀行によっては、さらに手数料が安くなります。

③    についてですが、100%家族に内緒に出来る訳ではありません。まず依頼者本人が働いている、収入があるなどであれば、問題がありません。しかし、専業主婦である、家族の収入で生活しているなどの場合は、返済するお金が担保されません。このような特殊な場合は、ご家族の同意を得る場合があります。ご自分ひとりでは解決できない場合は、同居されているご家族がいれば、協力してもらうのもひとつでしょう。

④    についてですが、任意整理を行えば、当然信用情報に事故情報として登録されます。これが一般的にブラックといわれることです。では、このブラックがいつ消えるのか?これについては、正確な情報はありませんし、私共の業務範囲外なのです。どうしてもご心配な方は、任意整理をする前、した後に、信用情報センター、JICCやCICまたは全国銀行協会などで、ご自分の情報開示とお問い合わせをお願いします。

⑤    についてですが、任意整理とは読んで字のごとく、任意に整理する事です。ですから、5社のうち、3社だけ整理して他のカード残すことは可能です、残すことは。しかし現在は、任意整理後にブラックになり、事故情報がでますので残したカードも利用できなくなる可能性は高いのです。結果として残したカードは利用できず、元金と利息を支払っていくのであれば、最初から全てを対象に解決することをお勧めします。先にも書きましたが、任意整理とは、生活再建が目的であります。

任意整理はメリット・デメリットがありますので、まずはご相談下さい。あなたにあった最適な解決方法をご提示します。

-ブログ

© 2020 しおり綜合法務事務所