毎月の利息を計算してみよう!2

こんにちは、司法書士しおり綜合法務事務所です。

昨日は、毎月の支払い利息を計算してみよう!を書きましたが、本日はその続きです。

・・・毎月、どのくらいの利息を支払っているのか知っていますか?・・・

それでは、下の計算式に当てはめて金額を出してみましょう!

※全ての会社が同じ利息とは限りませんので、いくつか例を出しておきます。

借り入れ残高  ×  日歩   ×  30日 = 毎月の利息は昨日説明しましたね。

※日歩は、年利18%だと、0.00049(4.9銭) 15%だと、0.00041(4.1銭) 20%だと0.00054(5.4銭)です。日歩とは、一日当たりの利息を言います。

それでは計算開始!

年利18%の場合

(    )円×0.00049×31日=(    )円

年利15%の場合

(    )円×0.00041×31日=(    )円

※利用日数は変動する場合があります、日歩についても閏年の場合は変わります。(366日の為)

ざっと計算してみて如何ですか?これが、消費者金融全盛期の頃の、年利29.2%とか、25%なんかで計算するとゾッとしますよね!更に昔は、年利40.004%までOKだったなんて信じられませんよね!!

こわっ!

このように、ちょっと計算をしてみると解ったりする事があります。まず日歩計算って解りませんでしたし、毎月の利息のみを考える事も無いと思います。昨日と同じですが、借りる事が全て悪であるとは言いません、しかし利用するのであれば、しっかりとその内容を把握しておく必要があります。

「そんな事言っても、急に必要だったから仕方ないじゃん!!」「だったらどうしろと!?」って言う言葉が聞こえてきます。そうなんです、仕方ないのです。ですからこそ、借り入れを起こす段階で、少しでも利息が低い会社や本当に必要な金額を借りて、きちんと返済してしまう事が重要ですね。

それでも返済に困ってしまった。毎月の返済金額が大変。支払いが遅れて督促請求が来て悩んでしまった。借金生活から脱却したい!このような場合は、遠慮せずにご相談下さい!

このような時は、任意整理がお勧めですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

端的に、メリットは支払い金額が低減できる、将来利息をカットして貰える可能性が高い。

逆に、デメリットは、ブラック(使用情報機関に事故登録)になるのでカードが使えない!

ですが、今のままの生活で大丈夫ですか??

もし少しでも返済に不安や大変だなと感じたら、早めに相談してみましょう!

そして任意整理の手続きは次のような流れになります。

ご相談→面談・ヒアリング(毎月の生活状況なども伺います)→受任契約(お金はかかりません)→受任通知発送(この時点で督促や支払いはストップできます!)→取引履歴が来る(今までに借り入れ内容が全て明細で出ます)→利息制限法(概ね18%)で再計算をする→残りの債務が確定する→過払い金があれば債務に充当します→和解交渉を始める→和解確定→毎月返済開始→生活再建の始まりです!

※取引履歴が到着するのに1ケ月ほどかかる業者もおりますが、受任契約を締結した時点で支払いは全てストップできます。

安心してください!!問題はすぐに解決できますよ!!w

債務整理、任意整理のご相談は、女性司法書士が運営しております、司法書士しおり綜合法務事務所。電話番号をタップしてください(スマホの方限定) 0120-17-30-77 までお気軽にお電話ください。

メール相談は24時間受付中です!

当事務所では、JR上野駅徒歩5分の立地です。事務所にくる事が困難な方や、人目が気になる方の為に、無料にて出張訪問相談も行っております。(案件による)

初期費用無料、相談料無料です。費用分割払いももちろん可能です!



このページのトップへ