任意整理と言う選択

こんにちは、司法書士しおり綜合法務事務所です。

カードローンの貸付残高が増えている事は、先日のブログでも書きました。

平成22年6月18日に完全施行された、改正貸金業法。これによって、ほとんど高金利は(年利18%以上)は無くなり、同時に「総量規制」なる物が導入され、年収の30%までしか借り入れが出来なくなりました。

この事で、多重債務を救済する面ではかなりの効果があったと思われます。

しかしながら、このこの総量規制、銀行カードローンには適用されないのですね。

つまり、昔の言葉で言う「サラ金での多重債務者は減少した」物の、意識しない内に「カードローン多重債務が増えてきている」と感じております。

インターネットやスマホの普及によって、顔を合わせず、話もせず、自分の口座にお金が入って、借りてしまう。もちろん返すのも、ネットバンキングで!!ちょっと前までは考えられませんでしたね。少し前にご相談を受けた年輩の方々は、口をそろえて、借りに行くのに抵抗があったし、怖かった!少しでも遅れたら、督促の電話や取り立てが怖かったと・・・

そうなのです、お金を借りる事は、「怖い」と言う事であったはずです。

その怖さがあったからこそ、お金を借りる返す大変さを、身に染みて過ごして来たはずです。

時代は変わって、上記のような若者が増えてきております。最近では、平成生まれのご相談もあります。まあ平成27年なので珍しくもないか・・・

で、本日のお題目でもあります、任意整理です。

簡単に言えば、裁判所などを通さず、私ども認定司法書士や弁護士が、債権者と話し合いをして毎月の返済金額や返済回数を交渉する事を言います。基本的に、将来利息をカットできますから、元金のみを返済していく事で生活再建がしやすくなります。

では、債務整理をする事による、デメリットから解説しましょう!

1、信用情報センターに事故扱いで登録(ブラック)されるので、5年ほどクレジットが組めなくなる。

2、債務整理した同じ会社では、二度とローンが組めなくなる可能性が高い。

3、債務整理した以外のカードも使えなくなる可能性が高い。

次に、メリットを解説しましょう!

1、今の収入にあった返済額で和解ができる可能性が高く、生活再建が早い。

2、誰にもわからず、解決が可能である。(案件による)

3、過払い金が発生していれば、その金額を債務に充当して、残った債務を減らせる可能性がある。

4、基本的に残った元金で和解交渉をするので、将来利息をカットできる可能性がある。

5、自己破産などと違い、住宅や財産が残せる!

などに、なります。ですから、今現在、支払いが遅れている、督促が来ていてすぐにストップしたい!このような方は大至急相談する事をお勧めします。ただし、解決するにはそれぞれのメリット・デメリットを良くお考え頂きますようにお願い申し上げます。それでも決心がつかない方は、一度無料相談で話を聞いてみては如何でしょうか?私ども、司法書士しおり綜合法務事務所では、ご相談だけでも大歓迎です。整理するにはちょっとなぁ~、なかなか決心がつかなく~このような方でもお気軽にお電話、メールください!

さて、任意整理の手続きは次のような流れになります。

ご相談→面談・ヒアリング(毎月に生活状況なども伺います)→受任契約(お金はかかりません)→受任通知発送(この時点で督促や支払いはストップできます!)→取引履歴が来る(今までに借り入れ内容が全て明細で出ます)→利息制限法(概ね18%)で再計算をする→残りの債務が確定する→過払い金があれば債務に充当します→和解交渉を始める→和解確定→毎月返済開始→生活再建の始まりです!

※取引履歴が到着するのに1ケ月ほどかかる業者もおりますが、受任契約を締結した時点で支払いは全てストップできます。

安心してください!!家族や会社に内緒に一切秘密で、解決できますよ!!w

債務整理、任意整理のご相談は、女性司法書士が運営しております。司法書士しおり綜合法務事務所。電話番号をタップしてください(スマホの方限定) 0120-17-30-77 までお気軽にお電話ください。

メール相談は24時間受付中です!

当事務所では、JR上野駅徒歩5分の立地です。事務所にくる事が困難な方や、人目が気になる方の為に、無料にて出張訪問相談も行っております。(案件による)

初期費用無料、相談料無料です。費用分割払いももちろん可能です!



このページのトップへ